クラミジアや淋病をはじめとした性感染症には、ジスロマックやクラビット、そしてそのジェネリック医薬品がおすすめです!

クラビット・ジェネリックの通販 ジスロマック・ジェネリックの通販

NoMore性感染症

コンドームが枠のベッドでいちゃつく男女
日本では年々性に対する知識が乏しい若者が増えています。
その結果、不特定多数の相手とのセックスや、オーラルセックス、コンドームの未使用などにより性感染症は増え続けています。

性感染症の中でも多いとされているのがクラミジアです。
感染したことはなくとも病名は聞いた事がある人も多いと思います。

そのクラミジアを含む性病に対して効果的な治療薬を紹介していきたいと思います。

ジスロマック

ジスロマックのプラカードを持つ女性
性感染症の治療に用いられる、抗生物質です。
これはあらゆる細菌やウィルス、真菌(カビ)などを殺菌してくれる効果をもっている薬になります。

抗生物質と効くと風邪の時に処方される機会も多いことからイメージする人は多いと思いますが、その処方目的は二次感染を防ぐためと言われています。

つまり、風邪やインフルエンザなどのウィルスに対しては"無効"ですが、免疫の低下によって他の菌に感染しないために処方が行われています。


ここから解説していく「ジスロマック」という抗生物質は、クラミジア治療においては特効薬とも言われる画期的な薬になり、少ない服用回数で治療できる薬となっています。
これに加えて「AZEE(アジー)」と呼ばれる、ジスロマック・ジェネリックも一緒にご紹介します。

ジスロマックは、マクロライド系と呼ばれる系統の薬になります。
服用する用量によってはその作用が変わり、一般的には「静菌的」に作用しますが、高濃度(大量投与)を行うことで「殺菌的」な作用を示すと言われています。
女医とジスロマックとアジー 成分には「アジスロマイシン水和物」という成分が含有となっています。

この成分は、胃酸の影響を受けにくいとされていることから、病巣まで高い濃度を維持したまま作用させることができます。

つまり、少ない服用回数で性感染症を治療することができます。
この成分はAZEEの主要成分にもなり、ジェネリックでも同等の効果効能を期待することができます。

クラミジアの治療の場合には、1日1回の服用を3日間続けると作用が7~14日間続くとされ、しかもその間で完治する確率は90%と言われているので、従来の抗生物質に比べ負担のない治療を行うことができます。

そんなに強い作用があるなら副作用も強いと思うかも知れませんが、副作用は少ないとされています。

また、小児用なども処方されているので安全性は高いと考える事ができ、妊娠中の人でも服用は可能とも言われています。
女性がOKを指でつくっている 副作用としては、稀ではありますが吐き気、胃痛、下痢などの症状があります。
胃腸に症状が現れやすいとされ、特にからだの小さな子供は下痢を起こしやすいとされています。

ほとんどの場合には問題がないとされていますが、服用してから症状が続いたり悪化することがればかかりつけの医師にご相談ください。

これはごく稀なケースですが、目が充血したり、水ぶくれ、口の中がただれるといった症状が起こった場合には、「皮膚粘膜眼症候群」などの重い皮膚症状へと発展することがあるので、念のために注意してください。


クラビット

女性とエルクインのプラカード 抗生物質として処方機会を多くもつのがクラビットという薬です。
これはニューキノロン系という系統に分類されている飲み薬になります。

細菌の感染に対して優れた効果を発揮することから、国内感染率ナンバーワンのクラミジア症の治療に用いられます。

抗生物質としては古くからある「セフェム系」や「ペニシリン系」など従来の薬に比べて抗菌力が強いことから、飲み薬だけでは治療が難しいとされてきた難治性の感染症に対しても用いることができます。

成分には「レボフロキサシン」というものが含有され、病巣への移行が良いとされているので感染症の治療に高い効果を発揮してくれます。

これとまったく同じ成分を使用して製造されているのがジェネリック医薬品である「L-Quin」になります。

クラミジアなどの感染症は他の人に感染させる恐れもあることから、早期の治療が大切です。

L-Quinであれば、病院に行かずとも海外通販などで購入することができ、万一に備えて常備しておくことが出来ます。

作用としては、細菌の細胞内に入り込むことで、細菌の遺伝子情報(DNA)が複製されてしまうことを阻止することで殺菌作用を示します。
女性が錠剤を持ち見つめる 服用の方法としては、クラビットやL-Quinどちらも500mg錠を1日に1回となっています。
これを7~14日間続けることで、クラミジア症であれば殆どの場合、完治させることが出来ると言われています。

ここで注意が必要なのは、服用の方法を誤るとクラミジアの菌が耐性を付けてしまい、薬の利きにくい「耐性菌」となってしまうことがあります。

治療に時間がかかってしまうことにもつながるので、特にL-Quinはジェネリックとなるので添付書の使用方法をしっかりと確認することが大切です。

肩がかゆそうな女性 副作用は少ない方だと言われています。
稀ではありますが下痢や発疹といった胃腸症状と皮膚症状が現れることがあります。

またニューキノロン系は「光線過敏症」という特徴的な副作用を起こすことがあります。

これは、日差しに当たった皮膚が発赤することや、ひどい場合では水ぶくれを起こしてしまう事があります。

普段から肌が弱い人や長期的に服用が必要となる際には症状が現れやすいので、そういった場合には出来る限り露出を少なくした格好で外出することが望ましいとされています。

起こる可能性は稀とされていますが、特異な副作用として「アキレス腱障害」や「痙攣(けいれん)」を起こすことがあります。

可能性は低いものの、薬の排泄が遅れがちな人や腎臓の機能が低下している人は念のために注意が必要です。


性感染症について

下着姿で抱き合うカップル
性感染症とは、「性的な行為または接触によって感染する病気」です。
性的な行為とは、通常の方法以外も含まれています。

・アナルセックス
・オーラルセックス(クンニリングスやフェラチオ)
・ディープキス(場合によっては)


感染部位に接触する可能性があるものは、すべて含まれています。

アナルセックスなどは特殊な状況での感染となりますが、他の行為はだれでも行う営みの一環と言えるので、誰にでも感染する可能性があり、健康問題であると言えます。
下着姿でトイレでお腹を押さえる女性 性感染症と一言でいっても、その種類は実に様々です。
ほとんどの種類に言えることが自覚症状の少なさです。

つまり、気付かずに行為を続けてしまうことで人かた人へと感染を拡大していってしまいます。

また自覚症状があっても、「病院へ行きづらい・・・」など恥ずかしさや抵抗感があることから、正しい治療に結びつかないケースも多くあります。

特に女性は、一定の生殖年齢に達した際に感染してしまった場合には、お腹の中の胎児や生まれてくる新生児に感染させてしまうことがあり、これを「母子感染」や「産道感染」といいます。
死の危険もあるので、非常に危険な病気となることもあります。

女医がグッドしている女性 性感染症に対しての正しい知識を付け予防していくことは大切ですが、もっとも重要なのは「早期発見・早期治療」となります。

ちなみに国内で多い感染症をランク付けすると、次のようになります。

左図のこれらは病原体(原因菌)も異なります。

クラミジアや淋病は細菌によって起こる性感染症となり、ヘルペスがウィルス、コンジローマは真菌と呼ばれるカビの一種によって起こります。
中でもクラミジアは国内の患者数が100万人を超えています。
これは先ほどもお伝えしたように、自覚しにくいことが蔓延の1つの原因になっています。

上記にも記したように、感染していることに無自覚のまま日常生活を送っている感染者は多く、その割合はなんと女性の80%、男性の50%が無自覚なままだとされ、とても身近に潜む感染しやすい病気です。

どの病気も自然に治癒することはなく、抗生物質など病院処方の薬を服用しなければならないので、少しでも性器に違和感を感じるのであれば検査を受けるようにしてください。

この他にも一度は聞いたことのある「エイズ」など、命に関わる感染症もあります。

性行為は私たちの生活から切り離せないだけでに、日頃から注意していくことが大切です。