感染者が多いクラミジアは、感染しても無自覚な場合が多いです。そんなクラミジア治療にはジスロマックやクラビットが有効です!

クラビット・ジェネリックの通販

NoMore性感染症 > クラミジア症について

クラミジア症について

悩む女性とウイルス
国内感染で最大の脅威と言っても過言ではないクラミジアは、10~20代の特に女性を中心に蔓延している性感染症の1つとされています。

性器だけでなく、咽頭(ノド)にも感染するのが特徴です。
咽頭に感染した場合には、「扁桃炎」や「咽頭炎」といった腫れや痛み、発熱を伴った症状が現れます。

この病気の原因となるのは細菌になり、「クラミジア・トラコマティス」と呼ばれるものになります。

第二次世界大戦後までは眼科領域で広く知られた病原体であり、「トラコーマ」や「封入体性結膜炎」などを起こしていました。

環境設備が充実し始め水が綺麗になったことで目に感染することは、ほとんどなくなったと言われています。

今でも感染者の精液や膣分泌液が目に入ると、激しい痛みを伴う結膜炎を起こすこともあります。
バラを真ん中に男性に迫る女性
性感染症として広まっている大きな要因として、「無自覚」ということが挙げられます。

女性の80%、男性の50%が感染しても気付かないとされ、放置してしまい蔓延してしまっていると考えられています。

ほとんどの女性が気付かないのには、その初期症状が分かりにくいということもあります。
女性の初期症状

不正出血 セックスでの痛み おりもの増加

これらは生理前や体調の変化などによっても見られる症状であり、男性に比べると無自覚に陥りやすいです。

一方の男性の初期症状は、次のようになります。
男性の初期症状

尿道に違和感や痒み 排尿時に白い膿のような分泌物

日常と異なる症状を感じるので、自覚はしやすくなっています。
人によっては「軽い痛み」を感じることもあります。
パソコンで調べものをする女性
女性は子宮の入り口である子宮頸管に炎症を起こし「子宮頸管炎」、男性は尿道に炎症を起こし「尿道炎」を発症します。

放置してしまうと、女性の場合には「子宮内膜」→「卵管」、最終的には肝臓まで病巣が拡がることもあります。

臓器まで達することは稀なケースですが、下腹部に激しい痛みが伴うことで自覚する女性もいるようです。

卵管などで炎症を起こしてしまい「卵管炎」になると、卵管が炎症によって癒着してしまうのがあるので不妊症の原因となることもあります。

男性は尿道から精巣に病巣が移行することから、「精巣上体炎」を起こします。

女性と同様に不妊症の原因となることがあり、精子の通り道が癒着してしまうことがあります。

クラミジアの治療は、「クラビット」や「ジスロマック」を使用します。

これは系統が異なるものの抗生物質となり、細菌を発育を阻止して菌の増殖を防ぐことで殺菌的に作用してくれます。

早い段階で服用することが出来れば、それだけ回復も早まるので「いつもと違う?」と性器に違和感を感じるようであれば、検査を受けることをお勧めします。