感染者の多いクラミジアにはジスロマックの主成分アジスロマイシン水和物やクラビットの主成分レボフロキサシンがとても効果的!

クラビット・ジェネリックの通販

NoMore性感染症 > 性病治療の有効成分

性病治療の有効成分

アジスロマイシン水和物
科学者が薬を制作する工程
これは「ジスロマック」という抗生物質の成分となります。

細菌による感染を治療するために用いられる薬の成分となり、抗生物質として処方されます。

マクロライド系という系統に分類され、あらゆる菌に有効性を発揮してくれます。

特に国内での感染が多いとされている「クラミジア症」には優れた効果を発揮してくれ、少ない服用回数で治療することが出来る画期的な成分ともされています。

細菌の中にアジスロマイシン水和物が取り込まれると、細菌内のタンパク質を合成する物質の機能を阻害することができます。

タンパク質が合成できない細菌は発育あるいは増殖することが出来なくなるので、菌を死滅させることになり抗菌作用を発揮してくれます。

これに加えて抗炎症作用も認められていることから、炎症部位に好中球(白血球の一種)が集まるのを抑えることで、炎症を抑えることもできます。

高濃度を維持したまま病巣へと作用させることができ、服用してから胃酸の影響を受けないことが特徴となり、1日1回の服用を3日間続けるだけでクラミジアであれば90%の確率で完治させることができます。

レボフロキサシン
女性科学者が薬を制作する工程
同じくクラミジアの治療において活躍してくれる抗生物質「クラビット」の成分となります。

少し作用は異なり、レボフロキサシンは細菌内に取り込まれることで遺伝子情報つまり「DNA」が複製させることを阻害する働きをします。

DNAの複製を阻害することで細菌の増殖を防いで、殺菌作用を示すとされています。

あらゆる細菌に有効とされていることから、性感染症以外でも皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻科などでも処方されています。

風邪やインフルエンザなどには無効とされていますが、二次感染を防ぐために処方されることがある抗生物質でもあります。

科学者が薬を制作する工程2
ニューキノロン系の系統に分類され、従来までの抗菌薬に比べると抗菌力が強いとされているので様々な細菌に対しても有効だとされています。

副作用が少ないことから、他の抗菌薬である「セフェム系」「ペニシリン系」といった抗生物質にアレルギーがある人でも服用することができます。

クラミジアであれば、1日1回を7~14日間が服用期間となっています。
どちらの薬にも言えることですが、服用をやめる時は医師の判断によります。

自己判断で服用を中止してしまうと、再発する可能性もあるので必ず医師に指示された期間の服用を行うようにして下さい。