クラミジアの感染経路を正しく理解する事で、予防の対策方法が分かってきます。正しい知識のもと感染症拡大を防ぎましょう!

クラビット・ジェネリックの通販

NoMore性感染症 > 性感染症の感染経路

性感染症の感染経路

びっくりして口を押える女性
性病はどこから感染するのか。
性病の原因とされる病原体の種類は、「細菌」「ウィルス」「真菌(カビ)」「寄生虫」などが挙げられ、自然に発生することや空気から感染することはありません。

そのほとんどが性行為によるとされ、感染者の病変や粘膜に触れることで感染し発症に至ります。

通常の方法で行われるセックスはもちろん、アナルセックスやオーラルセックス、場合によってはディープキスなどでも感染することがあります。

上記で挙げた病原体は、感染者の精液あるいは膣分泌液、血液、症状によってはイボやただれなどの病変に含まれています。

なので性器以外でも、肛門や口などに感染することがあります。
また「日和見感染」といって、身体の中にもともといる常在菌が体調不良などによって増殖してしまうことで発症となることもあります。

感染経路を特定するのは難しく、また性病といってもその種類は多いので、ここでは国内感染率ナンバーワンの「クラミジア症」に限定して考えられる感染経路をご紹介していきます。
背を向けあうカップル


コンドームを使用しないでのセックス
クラミジアの感染経路としてもっとも多いのが、コンドームを使用しないでのセックスだと言われています。

男性の尿道に住み着いている細菌が、女性の膣内へ。
反対に、女性の膣から男性の尿道にというのが感染のルートとなっています。


また、不特定多数とセックスチャンスを持つ人もいます。
この場合には感染経路を特定することは難しく、さらに言えば人数が増えれば増えるほど感染率は高まります。

出来る限り、特定の相手とのみ行うのが望ましいと言えます。
妊娠を希望しないのであれば尚のこと、コンドームは使用するようにして下さい。
彩みどりなコンドーム


咽頭(ノド)への感染
これはオーラルセックスによるものです。
女性はフェラチオ、男性はクンニリングスによって細菌が咽頭に感染をしてしまいます。

咽頭炎や扁桃炎といった、ノドに炎症や高い熱がでることもあるので注意が必要です。

細菌がノドに住み着いている人とのディープキスでも感染してしまう事があります。
バナナをたべる女性


肛門を使ったセックス
性器やノドの粘膜に感染するのがほとんどですが、アナルセックスなど肛門を使用しての行為は直腸あるいは肛門の粘膜にクラミジアの細菌が感染してしまうこともあります。

特殊な行為となるので、一般的にはそれほど多いとは考えられていませんが、ホモセクシュアルの人達は注意が必要となるはずです。

肛門と陰部をイラストとバナナに例えた比喩画像
ちなみに日常生活が感染経路となることは、ほとんどありません。

・コップの使い回し
・お風呂
・トイレ

こういった事で感染することはなく、その理由にクラミジアの細菌は単体では生命を維持することが出来ないとされ、人から離れると死滅してしまうからと言われています。

そして主な感染経路を知る事で、おのずと感染予防の対策ができます。

感染者の拡大を防ぐためにも一人一人が気を付け、自分自身はもちろんの事、大切なパートナーを守る事を考えましょう。