淋病は性感染症の中でクラミジアの次に感染者が多い病気です。治療にはジスロマックやクラビットがとても効果的でおすすめです!

クラビット・ジェネリックの通販 ジスロマック・ジェネリックの通販

NoMore性感染症 > 淋病について

淋病について

悩む女性とウイルス2
淋病とは、国内では2番目に多いと言われてる性感染症になります。
特に男性の人に多いとされ、その原因は男性が利用する性的なサービスを受けることができる"風俗店"にあります。

風俗店では主なサービスの内容がオーラルセックスとなっているので、フェラチオによる感染が多いと言われています。

また1度のセックスで感染する確率は約30%とされ、感染した人の20~30%は「クラミジア症」に同時感染している事があります。

男性は尿道に感染し、膿の分泌や尿道に強い痛みを感じるとされます。

一方の女性は、無症状であることが多いとされています。
感染を自覚できずに悪化した場合には、不妊症や子宮外妊娠などを起こします。

悩むカップル 男性の症状としては感染し症状がでるのは「尿道」で、尿道炎や精巣上体炎といった症状を起こすようになります。

その症状に先立って初期の段階としては次のようなものが主になります。
男性の初期症状

膿・排尿時に強い痛み
尿道に違和感や痒み
精巣上体の腫れ・発熱

尿道から排泄される膿の量は多く白っぽい色や、やや黄色っぽい膿が排泄され、粘り気があると言われています。

症状が悪化することによって、前立腺炎や血精液症などの症状に発展してしまいます。

精巣上体炎の場合には、陰嚢(いんのう)に激しい痛みが起こることもあり、治療しても「無精子症」となることがあります。

ここまで発展するケースは稀とされ、その前に痛みが強過ぎて自覚することがほとんどだと言われています。

女性の症状としては子宮の入り口とされる子宮頸管に炎症を起こし「子宮頸管炎」を起こしてしまいます。

感染に無自覚なまま
でいると、腹腔内にまで病巣が進行してしまい、骨盤内で様々な症状を起こしてしまうことにつながります。
また「尿道炎」を併発する人も少なくありません。
女性の症状としては、気付きにくく個人差はありますが次のようになります。
女性の症状

おりものが増える
予定外の出血(不正出血)
下腹部への痛み
セックス時に痛み

キスマークだらけの身体の女性 ただし、女性のほとんどが症状が現れないとされ、感染を放置してしまうと卵管炎などになることがあります。

これは、子宮外妊娠などの不妊症を招く原因となります。

男女に共通して言えるのは、咽頭(ノド)にも感染することがあります。
咽頭に痛みや腫れがみられたり、発熱するとされています。

咽頭から性器へと感染するケースが30%という報告もある位なので注意が必要です。

治療では抗生物質の投与となり、処方の機会が多いのが「ジスロマック」や「ミノマイシン」となります。